山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

27: ジルコニア・ブリッジ(下顎前歯部)症例 20/10/29

* 56歳  女性   治療期間:1ヵ月半
「下の前歯がグラグラで、抜けそうです。」
「入れ歯はしたくないので、固定式のかぶせ物にしたい。」

【ジルコニア セラミッククラウン】
従来、セラミックの歯は、金属のコアにセラミックを焼き付けて作成していました。
しかし、金属の使用による様々な問題がありました。
現在、金属に取って代わる、ジルコニア(人工ダイヤモンド)による白色コアにセラミックを焼き付けて作成する事ができるようになりました。
金属を一切使用しないため、歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。
強度も強いので、奥歯や抜歯後の欠損部をおぎなうブリッジにも使用することが可能です。