山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

58:2010年8月5日 審美的歯牙解剖学

【審美的歯牙解剖学】
歯を美しく表現する為に、歯の形・構造についての歯牙解剖学(しがかいぼうがく)をとても重視しています。自然な歯は細やかな凹凸を持ち生々しい立体感を演出しています。

隆起している部分の一本一本の線、その線と線で囲まれる部分の面、四隅の角、隣り合う歯との調和などで、歯は美しさを表現しています。

歯の形態は『歯を小さく見せたい。』『歯の長さをもっと短くしたい。』など、髪型と似て患者様の希望を大きく反映していく所です。
隆起している部分の線、そして線と線とで囲まれる歯の反射面の大きさを工夫する事で、 歯を長く見せたり・短く見せたり、幅を狭く見せたり・広く見せたり調整する事も出来ます。

以前デザイナーの方から伺った話で大変興味深い話がありました。
『まず始めは、白黒だけでデザインします。色を付けてしまうと“奇麗に見えてしまう”からです。美しいデザインは色を使用していなくても美しいんです。』  なるほど!