山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

メタルフリー(金属を使用しない)の歯科材料への移行

上段;オールセラミック・クラウン(メタルフリ−の歯科材料)

下段;メタルボンド・セラミッククラウン

オールセラミック・クラウン、ジルコニア・クラウン(メタルフリ−の歯科材料)
現在、材料の進歩と共に金属に変わる強固な材料が開発され、全て白い材料にて修復物を作成できるようになり、下記の問題点が克服されました。強度的に充分でかつほぼ自然な歯に修復できるようになっています。そして、金属を使用せずに済みますので金属アレルギ−などの心配もありません。

メタルボンド・セラミッククラウン
以前、審美修復治療にはセラミックのみでの作成は強度的に問題があるとされ、金属にセラミックを被覆し作成していました。しかし、内部の金属色が透過してしまい歯が灰色がかり・歯茎付近に金属色が出てきてしまい、特に審美的に重要となる前歯の修復にあたっては自然感の再現性に問題がありました。