山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

17: ファイバーコア : メタルフリ−の審美治療

虫歯が大きくなり、残念ながら歯の神経をとることになった歯は、・・・

根管治療(神経を除去する治療・歯の根の内部の治療)を行った後に、
『コア』という芯になる土台を歯根の中に入れ、
クラウン(かぶせもの)をしていきます。(治療順序 ; 根管治療コアクラウン)

今回は、『コア』の部分にフォ−カスを当ててみたいと思います。
コアの材質は、従来より金属製のメタルコアが多くつかわれていました。
しかし、メタルコアは硬すぎるために、歯根破折の原因となることがありました。
歯根が折れてしまうと、現状の歯科治療の技術では歯を温存することが
大変困難となる場合が多いのです。

現在、材料の進歩により、金属を全く使用せず新しい素材である
グラスファイバーとレジン(プラスチック)を使用した
『ファイバーコア(グラスファイバーコア)』が登場しています。

『ファイバーコア(グラスファイバーコア)』は適度な柔らかさがあり、
歯根破折がたいへん少なくなり歯の寿命を延ばすことができます。

⇒歯は光を透過することで、より美しさを表現します。
『ファイバーコア(グラスファイバーコア)』は光の透過も歯に近く、天然歯に迫る色調再現が可能となり、とても自然で美しい仕上がりになります。

金属アレルギ−の方にも大変有効となります。