山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

2013年11月18日:横浜口腔インプラント研究会において『上顎洞挙上術』に関し発表致しました。

11月17日(日)日本口腔インプラント学会から神奈川県内では初めて指定研修施設として認可された横浜口腔インプラント研究会(in 鶴見大学歯学部)において『上顎洞挙上術(Sinus Lift)』をテーマにプレゼンテーションをさせて頂きました。

頬部には、副鼻腔の1つである上顎洞という大きな空洞があり、上顎臼歯部(奥歯)にインプラント治療を行う際には注意が必要です。その対応方法を『上顎洞挙上術(Sinus Lift)』といいます。下側(歯槽頂方向)からのアプローチと横側(頬側)からのアプローチがあり、歯槽頂方向からのアプローチにおいては様々な治療器具が現在まで開発されてきているのでその経緯と実際の臨床症例を発表し、頬側からのアプローチに関しては治療ステップを動画にて説明し、上顎洞粘液貯留嚢胞を伴う際のSinus liftに関する注意事項についても発表致しました。