山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

2012年4月25日 中等度~重度歯周病における審美修復治療

20歳代 女性
「歯肉からの出血・歯肉の腫れが最近目立つようになりとても心配です。また、特に上の前歯の歯肉が腫れており、以前の被せものの見た目も悪く、笑う時に口元が気になってしまうので奇麗にして欲しい。」との事で来院されました。
レントゲン、歯周ポケットなどの術前診査より、全体的に中等度~重度歯周病が発現していることが確認できました。
まずは歯肉を回復させるために『歯周病治療』を数ヶ月かけて徹底的に行います。加えて、歯の内部の神経の再消毒が必要であったため『再根管治療』も実施し、土台固めが終了した事を確認した後に、『審美治療』を行いました。
治療期間:1年4ヶ月