山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

ブログ

DENTAL BLOG

山口歯科医院 院長 山口文誉が、お問い合わせの多い内容のご返答や、
医院であった出来事などを書き綴っていきます。

2013年6月19日 歯周病治療による歯の保存(下顎前歯の重度歯周病)

下顎前歯部は比較的歯周治療による反応が良く、歯根の2/3を超える歯槽骨吸収が認められる重度な歯周病が存在していても通常の歯周病治療で上記のような回復を確認出来る事があります。
今回の場合も、特別な再生療法の材料を使用しているわけではなく、原因の除去(歯垢・歯石除去)と患者様の歯ブラシの徹底、喫煙者には禁煙指導など通常の歯周治療を実施した結果です。
このように初診時の時には「保存は苦しいかな?抜歯かな?」と思っていても、歯周病治療に非常によく反応する場合もありますので、当医院では重度歯周病で保存が苦しそうな歯でもまず保存治療を試みるようにしています。
その後、再評価(歯周病治療の反応を確認するステップ)しその歯が保存出来るか否か最終決定致し患者様に御相談しています。