山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

マイクロスコープ

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密歯科治療

現在、歯科治療はなるべく体に負担をかけない“低侵襲な治療(ミニマムインターベーション)”が重要であると考えられています。MIを達成する上で必要不可欠なのが歯科用顕微鏡(以下:マイクロスコープ)の存在です。
マイクロスコープを用いる事により肉眼で治療するのに比べ、約25倍の拡大率で治療を行う事が出来、歯科治療の精度が格段に上がり患者様にとっても低侵襲性で歯にやさしい治療方法が行えるようになります。当医院では2台のマイクロスコープを設置し治療にあたっております。

根管治療

近年、根管治療(歯根内部の消毒治療)は劇的な進歩を遂げました。それは、マイクロスコープとニッケルチタンファイルの登場によるものと言われております。1998年よりアメリカの根管治療の専門医は、マイクロスコープを使うことが義務づけられている程、重要な治療器機となっています。従来、根管治療歯はレントゲン写真を見ながら手探りでおこなっていましたが、現在ではCTにより歯根の内部の複雑な形態を確認しながらマイクロスコープを使用し歯根の内部を25倍まで拡大しながら根管の治療が行えるようにまでなってきました。

  • ×2.8倍
  • ×4.2倍
  • ×6.9倍
  • ×10.4倍
  • ×17.0倍
  • ×25.6倍

虫歯治療

マイクロスコープを用いて高倍率で虫歯治療をおこなう事で、問題の部分のみを取り除き健康な歯質を極力温存出来るようになりました。さらに、削った穴を詰める際も高倍率で処置をおこなうことで、肉眼ではわからない僅かなズレ・隙間・段差も見落とすこと無くしっかり詰める事が出来ます。

  • ①【治療前】虫歯(→)を確認
  • ② 虫歯治療開始
  • ③ 虫歯の取り残し確認
  • ④ 虫歯の除去終了
  • ⑤ CR 合成樹脂充填
  • ⑥ 形態修正
  • ⑦ 仕上げ研磨
  • ⑧ 虫歯治療終了

審美治療

審美治療は高い精度の上に成立するものです。適切な歯科診療をするには30~40ミクロン以下の精度が求められますが、歯科用マイクロスコープをもちいた顕微鏡治療では、数ミクロン単位での高い精度の歯科治療を達成する事が出来ます。

  • PLV(ポセレンラミネートベニア)

詳しい情報はこちら

マイクロサージェリー

マイクロスコープを使用した手術(マイクロサージェリー)では、非常に小さな治療器具が使用可能となるため、傷口が小さく済み治療後の痛みがかなり抑えられ、治癒もとても早くなります。このマイクロサージェリーはすでに、脳外科や心臓外科など精度を求められる外科手術ではおこなわれています。
傷口も髪の毛よりも細い糸で縫合をおこなうことにより術後の痛みや不快感をおさえることができます。
当医院では、主に歯周治療における歯肉の形態修正や再生療法に用いております。

  • 歯周組織再生治療
  • インプラントの歯周病治療
  • 歯肉移植増大治療
  • 抜歯部温存治療