山口歯科医院

歯周病指導医・専門医山口文誉

お問い合わせ

日本歯周病学会認定指導医·専門医 院長 山口文誉

日本歯周病学会認定指導医・専門医

歯周病治療を専門とする当医院では、日本歯周病学会指導医・専門医が治療にあたります。
歯周病治療専門医として『出来る限り歯を残すこと』をモットーに日々診療にあたっております。歯周病治療の使命は、一生涯を通じて患者様の歯および歯周組織を健康的かつ機能的に、 また不快感がなく審美的にも最善の状態に維持させていくことであります。

日本歯周病学会研修施設

当院は、日本歯周病学会研修施設として認定されております。
2012年において全国で103施設目、神奈川県内では歯科大学を含め14施設目となりました。

その他の歯周に関する学会および歯周研修会

院長主催の勉強会;『PERIOSTHETICS』は、日本歯周病学会より歯周病専門医「その他の歯周に関する学会および歯周研修会」に認定されており月2回歯周病指導医・専門医・認定医が集い歯周治療・インプラント治療・審美治療に関し症例検討・文献抄読をし研鑽を積んでおります。

日本歯周病学会指導医・専門医: 院長山口文誉

日本歯周病学会指導医・専門医を取得するには

日本歯周病学会は、日本における歯周病の研究・教育・医療および予防を推進し、国民の保健の増進に寄与することを目的とする学会です。
「歯周病専門医」は、国民への新たな専門的な歯科医療制度として、特定非営利活動法人日本歯周病学会が、歯周治療を専門的に取り扱うに充分な技量と倫理観を有する歯科医師を認定するものであります。

以下の資格を満たした歯科医師が、歯周病専門医試験を受験する資格が得られます。

  • 日本歯周病学会指導医の元で5年以上の歯周治療の臨床経験を有する事。
  • 日本歯周病学会の会員になってから5年以上経過している事。
  • 申請時に50単位以上を取得している事。(学会発表や論文発表をしている事。)

次に、歯周病専門医試験(書類診査・症例発表・口頭試問)に合格すると歯周病専門医を取得できます。

歯周病専門医取得後、さらに7年以上経過すると指導医の受験資格が得られ歯周病指導医を取得できます。指導医・専門医の資格を所得した後は、数年ごとに更新し続けなければなりません。 従いまして、常に歯周病に関する最新情報を入手し、専門知識の継続に力を注いでいます。