山口歯科医院

診療内容

歯周病治療

静かに忍び寄る歯周病から、患者様を守るために

歯周病とは

歯周病とは、プラーク(歯垢)中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、歯肉・歯槽骨などの歯周組織を徐々に破壊していく細菌による感染症です。
『初期から中等度の慢性歯周炎(多くに見られる一般的な歯周病)』に関する治療法は、ほぼ確立され我々歯周病専門医は歯を抜かず歯周病治療により歯を保存・温存する事が出来ます。
しかし、ある一定のレベルを越えて進行してしまった『重度の歯周病』は残念ながら治療が困難となる場合もあります。
歯周病を早期に発見し・出きるだけ早期に治療する事が、歯周病治療の効果を高め・歯を温存する可能性を高めます。
まずは痛みなどの自覚症状がなくとも、“歯周病の検査”をお受けになることをお勧めいたします。
さらに、歯周病は再発傾向のある病気でもあります。
健康な状態を維持するために、長期的に治療効果を継続させるために、日々の歯ブラシの充実・定期的な検診・クリーニングなどの徹底した予防・メンテナンスが、とても重要となります。
また、当医院は歯周病専門医として歯周病予防・メンテナンス治療および再生療法・インプラントの治療にも力を入れております。

歯周病の検査・診断

歯周ポケット検査

“歯周ポケット”という言葉は、テレビのCMなどで良く見聞きしているかと思います。
歯周病の悪化状態を検査し把握する上で歯と歯肉の境界部にある“歯周ポケット”の測定は、最も良い指標となります。
“歯周プローブ”という歯周ポケットの深さを測定する器具を使用し、歯と歯肉の境界部に挿入し、歯周ポケットの深さ・出血・排膿・歯の動揺・分岐部病変(奥歯の歯周病検査)などを測定します。
歯周ポケットの測定値は、歯科医師だけでなく患者様ご自身も歯周病の状態の変化を、数字という明確な基準により把握していく事が出来ますので、歯周病治療に対する明確な目標を持つことが出来ます。

  1. 初診時での歯周病の状態
    ・重症度を判定
  2. 歯周病治療後の
    改善状況を評価
  3. メンテナンス時に歯周病が
    再発していないかを評価

インプラント周囲炎
(インプラントの歯周病)

インプラントも歯周病になります。
通常の歯周病と同様、インプラントの周囲の歯肉が腫れる、出血する・膿みがでるなどの症状が発現し、インプラントを支えている骨が吸収し最終的にはインプラントの脱落・失敗を招いてしまいます。
このインプラント周囲の歯周病を『インプラント周囲炎』といいます。
インプラント周囲炎を起こさないためには、以下の2点を注意していくことがとても大切です。

  • 歯周病の治療を確実に行なった後に、インプラント治療をおこなう事。
  • インプラント治療後も定期的にメンテナンスをおこなう事。

自由診療(インプラント治療)について

  • 治療内容
    インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。
  • 施術の価格
    インプラント埋入施術 35万円(税別)~45万円(税別)
    (※治療内容によって異なります。)
  • 施術のリスク・副作用
    インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。